30 Jun '14, 10am

エンタープライズ領域での採用も増えてきたRuby on Railsを使ってWebアプリケーションを作るための入門連載。最新版の4に対応しています。今回は、ActiveRecordにおけるモデルオブジェクト同士のつながりを表す...

user = User.create(name: "ボブ", department: "会計部") user.books.create(title: "現場で使えるRuby on Rails第二版") user.books << Book.create(title: "現場で使えるRuby on Rails第三版") user.books #=> #<ActiveRecord::Associations::CollectionProxy [ #<Book id: 2, title: "現場で使えるRuby on Rails第二版", user_id: 3, ...>, #<Book id: 3, title: "現場で使えるRuby on Rails第三版", user_id: 3, ...> ]> user.books.build(title: "現場で使えるRuby on Rails第四版") #=> #<Book id: nil, title: "現場で使えるRuby on Rails第四版", user_id: 3, ...> # 未保存のBookモデルオブジェクト # 保存するには user.books.last.save などを呼び出します。

Full article: http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1406/30/news030.html

Tweets