12 Mar '12, 1pm

ruby -e 'puts $:' / “組み込み変数 - Rubyリファレンスマニュアル”

load や require がファイルをロードする時に検索するディレクトリのリスト を含む配列です。 (覚え方: コロンは環境変数PATH の区切り文字である) 起動時には、-I directory オプションで指定したディ レクトリ、環境変数 RUBYLIB の値、コンパイル時に指定 したデフォルト値、"." (カレントディレクトリ) を含みます。 以下に典型的な UNIX システム上でのロードパスを示します。 -I で指定したパス 環境変数 RUBYLIB の値 /usr/local/lib/ruby/site_ruby/VERSION サイト固有、バージョン依存のライブラリ /usr/local/lib/ruby/site_ruby/VERSION/ARCH サイト固有、システム依存、拡張ライブラリ /usr/local/lib/ruby/site_ruby サイト固有ライブラリ /usr/local/lib/ruby/VERSION 標準ライブラリ /usr/local/lib/ruby/VERSION/ARCH 標準、システム依存、拡張ライブラリ . カレントディレクトリ *1 上記表中の VERSION は Ruby のバージョンを表す文字列で、 「1.6」や「1.8」です。ARCH はハードウェアと OS を表す文字列で、 「i686-linux」や「alpha-osf5.1」です。 Config::CONFIG['arch'] で得られます。 コンパイル時のデフォルトパスは多くの UNIX システムでは "/usr/local/lib/ruby" です。mswin32 、mingw32 、 Cygwin 、bccwin32 、mswince 環境では ruby.dll の置き場所から相対的に決まります。DJGPP と emx (OS/2) では ruby.exe の位置から相対的に決まります。 -T オプションで起動時に $SAFE を 1 以上に 設定したときは "." (カレントディレクトリ) はロードパスに入りません...

Full article: http://www.ruby-lang.org/ja/old-man/html/_C1C8A4DFB9FEA4D...

Tweets

tempfile - Rubyリファレンスマニュアル

ruby-lang.org 14 Mar '12, 3am

テンポラリファイルを作成します。ファイルは "w+" モードで "basename.pid.n" という名前になります。 Tempfile オブジェクトは IO オブジェクトと同じように使うことができます。 Tempfile#close(tru...

ri - Rubyリファレンスマニュアル

ruby-lang.org 22 Mar '12, 1pm

コマンドラインから RDoc で書かれた Ruby のリファレンスを引くことができます。 リファレンスは英語で書かれています。似たようなものに ReFe があります。 インストール ソースから Ruby をインストールしている場合は、デフォルト...

usp.ruby Archives for your e-reader

rubyflow.com 12 Mar '12, 12pm

usp.ruby Archives for your e-reader Posted by jstorimer on March 12, 2012 — 0 comments usp.ruby is "a text-only mailing li...