26 Mar '15, 11pm

Railsの生みの親である、DHHがなぜRuby on Railsを始めたのか:吉政忠志のベンチャービジネス千里眼:ITmedia オルタナティブ・ブログ

私が編集支援しているトランスネットの海外Rails情報コラム「10+ Years of Rails with DHH」が公開されました。 Railsの生みの親である、DHHがなぜRuby on Railsを始めたのかを始め、多くの興味深いことを語っています。 DHHは、2004年にBasecampというプロジェクトを 始めた際、それまで使っていたPHPやJavaではなく、Rubyを使うことにしました。後にこのプロジェクトのフレームワーク部分を切り離したものが、 Ruby on Railsです。彼にとって、早く書けるけれどもきれいに書けないPHPと、きれいに書けるけれども早く書けないJavaは、次の新しいプロジェクトには 不向きだと考えたのでした。 何よりも、「プログラムを一日中書かなくてはならないなら、それは楽しいものであるべきで、だから自分はPHPやJavaから Rubyに乗り換えた。」とDHHは言っています。この感覚は、Ruby on Railsの方向性にも影響を与えています。 (この続きは以下をご覧ください) https://www.transnet.ne.jp/bb9zcb9tw-22/#_22

Full article: http://blogs.itmedia.co.jp/yoshimasa/2015/03/railsdhhruby...

Tweets