12 Aug '12, 8am

Fiberのメモ >> Rubyist Magazine - Fiber と Proc ―― 手続きを抽象化する二つの機能

乱暴にまとめてしまうと、Fiber は「手続きと、それをどこまで実行したか」をオブジェクトにしたもので、呼び出すたびに「どこまで実行したか」の状態が少しずつ進んでいくため、プログラムを順番に実行していく手続き型言語の発想をオブジェクト指向言語に持ち込んだものと考えることができます。対して Proc は「一連の手続き」をオブジェクトにしただけのものなので、呼び出すときの引数は変更できますが、手続き自体は毎回最初から実行されます。言わば、何度でも評価できる「関数」のようなもの(後述しますが、厳密には関数とは違うものです)をオブジェクトにしたものなので、関数型言語の発想をオブジェクト指向言語に持ち込んだものと考えることができます。

Full article: http://jp.rubyist.net/magazine/?0034-FiberForBeginners

Tweets

@ey0t

jp.rubyist.net 12 Aug '12, 12pm

「あなたは map 派?それとも collect 派?」 Rubyist であれば、一度はこんな質問を受けたことがあるのではないでしょうか。たとえば Rubyist Magazine の過去の記事を紐解くと、まつもとゆきひろさんのインタビュー ...