13 Nov '12, 2am

EY-Officeは、実際の開発に必要になる技術を学べるRuby on Rails中級者コースを開設しました。...

EY-Officeは、実際の開発に必要になる技術を学べるRuby on Rails中級者コースを開設しました。...

EY-Office ブログ EY-Office取締役 吉田裕美が、まだ Ruby on RailsやiPhone開発を行ってない技術者や技術系マネージャー向けに、技術や教育に付いて書いています。 ツイート 2012-11-13 Ruby on Rails中級者コースを開設しました Ruby on Railsの入門書を読んで理解できたけど、実際のサービースを作ってみるには不安がある。ネットを調べると色々な情報があるが断片的でよく分からない? 実際にクラウド上でアプリを動かすにはどうしたら良いのだろうか? そんな開発者や開発マネージャにお勧めな中級者向けコースを開設しました。 写真は ”FreeDigitalPhotos.net" から Ruby on Rails中級者コース の情報はこちらにありますが、ここではより詳しい解説を書きたいと思います。いずれのコースも既にお客様で実施済みです。 実践コース Ruby on Railsの入門教育や入門書を読めば、Ruby言語やRuby on Railsの基本は理解できると思います。しかし、実際のアプリは入門書にあるSQLite3やWEBrickでは運用できません。また、Ruby on Rails導入のメリットの一つとしては豊富なGemライブラリーがありますが、現時点で実用になるライブラリーを選び使うのは初心者には簡単ではありません。 このコースでは、このような実際のアプリ(サービース)を作るために必要な知識を実習を通して学んで行きます。コースの内容は 実務に近いRailsアプリの作成 DBにはMySQL または PostgreSQL を使用 サーバーには Unicorn を使用 Twitter Bootstrap を使った今風な画面デザイン Devise, RailsAdminなどの有用なライブラリーを使用 開発環境は Git を使いソースコードを管理 弊社で用意したクラウド Amazon EC2へ出来たアプリをデプロイ(インストール) Capistrano を使用した自動デプロイ テスト駆動開発 R...

Full article: http://www.ey-office.com/blog_archive/2012/11/13/in-new-r...

Tweets